« メジャーリーグ「シラノ・ド・ベルジュラック」(ネタバレ) | Main | オフモード »

September 02, 2007

ハナオフ「ザ・漱石」

1日ソワレ ハナオフ「ザ・漱石」下北沢『劇』小劇場

花組芝居20周年記念公演第三弾。加納さんの下で演出助手をしている大野裕明さんの初作・演出作品。花組芝居の中堅~新人の5名を存分にこき使って(笑)全員汗びっしょりの大奮闘。
作品をコラージュしたり森鴎外、樋口一葉、芥川龍之介といった同時代の文士達と架空のやり取りなどを交え漱石の人物を描く1時間半。

漱石を慕う木曜会の面々の会話、体制派としてデフォルメされた鴎外とのやり取りなどからニンゲン漱石や鴎外を描く。
勢いを感じられる演出で端々に加納さんを想起させるのが興味深かったです。その一方、安定した面白さがあるけれど、予測できる範囲で納まっちゃったな、という感じ。オープニングでは5人とも漱石なのだけれど、すぐに漱石は大井さん、鴎外に各務さん芥川風の門下生には秋葉さん...とほぼ役割が固定し素直に見せてくれます。素直すぎてちょっと物足りないくらい。初挑戦なのだからもっとはじけても良かったのでは。

それにしても初演出でこの役者さん達を使えるのはゼイタクだなぁ。
大井さん、秋葉さんの人間的なあったかさがいい味わい。二人をキャスティングしたことで作品イメージの半分以上が体現できてるのではないでしょうか。
松原さん女形に磨きがかかってきて男姿なのにしっとりした女性らしさが良かった。偉そうな鴎外も各務さんがやるとどこか憎めないキャラになって面白いし、丸川クンがヒゲ面でもキャバ嬢ってありに見えちゃうし(笑)
改めて花組の役者さん達の実力を目の当たりにしました。

開演前のワンコイン(\500)イベント、この回は植本さんの落語ではなく歌とトーク。
ナイロンに出てた時みたいな振袖にフルメイクで坊主頭(笑)
漱石にインスパイアされてピーターパンの合間にあっという間に書き上げたという歌と、大野さんに捧げる書き換え歌詞のアニソン。どっちも潤ちゃんらしい歌詞で爆笑。
(坊主頭で夏目雅子さん真似て...もしや三蔵法師の役を狙ってるのか?(爆))

Soseki2jpg_2桜丘町でなぜかゆかりの店名2軒(「草枕」と「ねこ漱石」系列店とのこと)を発見。わがはい鍋の中身は....じゃないよね(^^;

|

« メジャーリーグ「シラノ・ド・ベルジュラック」(ネタバレ) | Main | オフモード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハナオフ「ザ・漱石」:

« メジャーリーグ「シラノ・ド・ベルジュラック」(ネタバレ) | Main | オフモード »