« すこぉし | Main | わたくしごと »

April 10, 2007

「絆‐コンフィダント」初日

いつかは画家として認められたい、夢を抱く男達の想いを一ヵ月に凝縮したほろ苦い青春群像劇。ワンシチュエーション“+α”

一幕は説明的な台詞が多く、やや展開がくすぶるようにも感じますが、理解の下地作りがあるからこそ、結末に向けて無駄なく一直線に駆け抜けていくことが出来るのでしょう。凄まじい質感を伴った台詞が胸に突き刺さります。

相島さんはじめ手堅く安定感ある役者さん揃い。中井さんは上品なコメディアンぶりも披露。
紅一点の堀内さん、同じメロディに乗せいくつもの役の心情を描き分ける歌声は、練達の役者さん達が発する台詞劇の中で見事なアクセントになっています。

初日吉例の三谷さん乱入は2幕オープニングのバンドネオン(小さいアコーディオンか?)演奏。スーツにマドラス帽子を目深に被り、目立たないように俯いたままの演奏がかえって目立ちました(笑)ま、それ以前に腕前でバレましたけど。

|

« すこぉし | Main | わたくしごと »

Comments

おひさしぶり!

元気に観劇しているようでなによりです。
この芝居のチケットとり惨敗しました。

また見たら、書いてください。楽しみにまってます。

Posted by: pyoko | April 10, 2007 11:38

ご心配掛けまして。
状況はたいして変わってませんが、精神的な落ち着き(なのかどうか自分でも良く判らないけど)がちょっと出たので、どうしても観たいチケットは気分転換のためにも死守してます。なかなか書けないんですけど、ゆる~く見守ってやってくださいませ。


この公演、今ならオークションでも定価或いは定価割れで買えるみたいなんで時間が合うなら是非観てくださいませ。

Posted by: J | April 14, 2007 00:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「絆‐コンフィダント」初日:

« すこぉし | Main | わたくしごと »